最新医療

カテーテルによる弁膜症治療

新しい僧帽弁治療  経皮的僧帽弁クリップ術(マイトラクリップ :MitraClip)

マイトラクリップとは

高手術リスクの僧帽弁閉鎖不全症(MR)に対する、手術の代替療法として開発され欧米を中心として臨床使用されてきたカテーテル治療デバイスであり、本邦では2018年より使用可能となりました。
全身麻酔下に放射線透視、経食道新エコーの画像を元に手技を行います。
大腿静脈から約8mmのチューブを心臓まで挿入し、右心房から左心房に入り左心房と左心室の間にある僧帽弁の弁尖をクリップで把持することで逆流を減らします。
手技後には1cm程度のクリップのみが心臓の中にのこります。
傷も小さく低侵襲であるため、高手術リスクでいままで手術が困難であると判断されていた患者さんが対象となります。

適応について

現在の日本における適応は、慢性期で心不全を専門とする医師によりガイドラインに準じた内科的治療を行っているにも関わらず、心不全症状を有するMR全患者のうち、MRの改善により症候が軽快することが期待されるにもかかわらず、外科手術が困難、かつ経皮的僧帽弁接合不全修復システムを用いた施術に適した僧帽弁の形態である患者とされています。

【選択基準】
 ●症候性慢性 MRを有し、本治療による MR の改善により症候が軽快することが期待される患者で外科手術が困難な症例であること(器質性(一次性)、機能性(二次性)を問いません)
 ●手術リスクは、心不全を専門とする医師、心臓血管外科専門医を含む循環器内科医と心臓血管外科医で構成されるハートチームで評価すること
 日本循環器学会 弁尖間クリッピング式の経皮的僧帽弁接合不全修復システムに関する適正使用指針 より)

【除外基準】
・左室収縮能30%未満の患者
・至適薬物がなされていない患者
・カテコラミンに依存している患者
・補助循環を必要とする患者
・急性増悪の患者

当院での実績

岩手医科大学附属病院循環器センターでは2018年より北東北三県では唯一の施設としてMitraClip治療を始めました。治療開始から、県内各地の病院からご紹介いただいております。
外来で経胸壁、経食道心エコーを行った上で担当医と治療について相談いただき、治療の最終方針は当院のハートチームで決定いたします。
実際の手術時間は1~2時間で、落ち着いている患者様では術後3~4日で自宅にお帰りになっています。

【治療開始後10症例の初期成績】
平均年齢:78歳、男性:80%、
平均手技時間:88分、平均透視時間:14分、平均透視線量:0.05Gy、
初期成功:100%、重篤合併症:0%、術後平均在院日数:3.8日、
30日死亡:0例、30日心不全入院:1例

有症状の高度僧帽弁逆流症患者(機能性、器質性を問いません)治療の適応、治療の可否について当院のハートチームで検討いたします。

候補患者様がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

             担当医師:中島 祥文 019-651-5111(PHS:8725)

経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)のご案内

TAVI 一般の方向けの特集

エドワーズライフサイエンス社の紹介ページへのリンクはこちら
(大動脈弁狭窄症と診断され、内科的・外科的治療が必要となった患者様や
  ご家族に知っていただきたい内容を、わかりやすくまとめたページです)

テレビ岩手「健康大百科」へのリンクはこちら
(1/25放映分をクリックしてください)

専門医による相談窓口を開設しました

心臓弁膜症の患者様のご紹介、TAVIに関するご質問は、下記のとおりです。
お気軽にお問い合わせください。

 医師専用 ご紹介・ご相談ダイヤル

‣お急ぎの場合…医師ホットライン019-653-2431
        (CCU担当医に直接つながります)

‣弁膜症担当医と直接お話いただく場合…019-651-5111(代表) 
 森野・房崎・石川・中島祥・二宮
 のいずれかをお呼び出し下さい。

 患者様専用 お問い合わせダイヤル

019-651-5111(代表)内線8736 大宮までお問い合わせください。
   折り返し、担当医からお電話を差し上げます。