最新医療

冠動脈の最新治療

当センターの冠動脈インターベンション(PCI)の特徴

世界標準の冠動脈治療を北東北の患者様に提供いたします

当院で主に用いている、エベロリムスやバイオリムスという薬剤を塗布した溶出性ステントは、長期的な安全性・有効性ともに、日本の患者さんに対しても非常に優れた成績を残しています。ステント血栓症などの不安材料も以前の薬物溶出性ステントに比べると著しく低くなりました。
岩手医大では情報を常にアップデートし、常に最新かつ世界標準の治療を皆様に提供し続けます。

冠動脈形成術(PCI)の治療実績は東北でトップクラスです

冠動脈形成術(PCI)の年間治療数は、岩手県では最多、東北全体でもトップクラスです。また、国内の大学病院の中でもトップクラスです。

国内で使用しうる全ての治療器具を駆使して治療します

岩手医大では石灰化病変に対するロータブレーター、最新の血管内イメージング機器、プレッシャーワイヤーをはじめとする、全ての治療器具を駆使して患者様の治療に当たります。こうした器具を使いこなすことで、長期成績に差が出ることが知られています。丁寧な治療・手技にこだわっています。

腕の良い心臓血管外科医が控えています

我々のパートナーである心臓血管外科(金一教授)は、日本を代表する心臓外科チームです。
毎日の内科・外科・小児科・麻酔科・放射線科によるハートチームカンファランスで、患者様ごとの最良の治療法を検討します。患者様の予後を考えた場合、カテーテル治療に必要以上にこだわるより、バイパス手術を選択した方が良い場合がありますが、心臓外科とのコミュニケーションがとれていない施設ほど、カテーテルで無理をしすぎる傾向もあります。あくまでも患者様の希望を優先しますが、プロの目で推奨される治療法をお伝えすることを大切にします。

術後に苦痛の少ない橈骨動脈を用いた治療を第一選択としています

従来の鼠径部からのカテーテルは術後の安静の苦痛や出血合併症が多いことが知られていました。我々は特別な治療を除いては、患者様の術後の苦痛を和らげ、事故を減らすために橈骨動脈からのカテーテル治療を推進しています。

冠動脈治療の臨床研究では国内施設をリードして参ります

カテーテル治療の進歩のために、臨床研究は不可欠です。我々はメカニズム研究グループを立ち上げ、国内の多施設共同試験を主任施設としリードしております。また、国内の多くの仲間の医師が企画する医師共同研究に積極的に参加しています。患者の皆様にはご協力いただくことも多いのですが、施設のレベルを高い位置にキープするためには、こうした研究活動の継続や参加は不可欠で有り、その果実は最終的に診療を通じて岩手医大で治療を受ける患者様に還元されます。

国内外医師ワークショップを企画し次世代の人材育成に貢献します

岩手医大では、「いわてイメージングサミット構想」というビジョンに基づき、イメージング機器を通じて安全かつ有効なPCIを施行でき、かつ次の国内をリードすべき医師を育成するためのトレーニングコースを定期的に開催しております。1)OCTワークショップ、2)OFDIワークショップ、3)IVUSワークショップ、4)FFRワークショップ 等があり、これらに国内の様々な地域から多くの医師が参加致します。

いわてイメージングサミット構想 概念図

いわてイメージングサミット構想 概念図

PCIチーム・メンバー紹介

循環器内科 PCI施行医(専門的な相談のご希望の方は下記医師まで)
森野・伊藤・房崎・石田・下田・石川・肥田・後藤・中島祥・佐久間・新山・石曽根・二宮

臨床工学士
千田・吉田・藤原・山村・鬼頭

放射線技師
村上・上田・上山・岩城 ほか6名

狭心症の診断