循環器内科医を目指す医学生・研修医の皆様へ

教授挨拶

循環器内科医を目指す研修医の先生および学生諸君へ

森野 禎浩

当教室のホームページへようこそ。
教室員一同、心から諸君を歓迎致します。

内科学講座循環器内科分野は、循環器診療の中でも急性期の疾患を受け持つ講座として出発致しました。循環器医療センターという国内屈指の専門施設の中で、外科、放射線科、小児科、麻酔科で、ハートチームを形成して診療にあたっております。毎朝全科で症例検討カンファランスを行う大学病院は国内に無いはずです。ハートチームの必要性が叫ばれる昨今、当施設には10年以上も前から根付いています。

我々は、心血管カテーテル治療、心不全などの急性期治療を得意としておりますが、センター内で一緒に活動する心血管・腎・内分泌分野教室と強い連携のもと、不整脈の研修も受けていただき、循環器の基礎を万遍なく勉強戴きます。

当教室の強みは、フレキシブルなカリキュラムです。旧態依然とした発想は当講座にはありません。将来の開業をテーマにおく総合循環器内科医の育成コースも準備いたしました。また、様々な事情でフルタイムに働けない医師や、育児との両立などで悩む医師が、キャリアを維持・継続でき、一定期間過ぎたらフルに復帰できるよう、ご本人のニーズにあったフレキシブルなカリキュラムを準備致します。縁あって仕事を一緒に始めるもの同士、できるだけ長く一緒に仕事できるよう、講座として最大限の努力を払います。これらの理念は、「講座設立時のルール」として教室員に徹底しておりますからご安心下さい。

同時に、我々は北東北の循環器診療を支える使命があります。これは講座にとって、非常に重要な課題です。従いまして、多くの若い先生方に一定期間の出向が求められますが、大学では得られない数多くのことを、地域医療を通じて学んで戴きたいと思います。医療は患者さんと向き合いながら行われる行為で、本来、場所に規定されるものでは無いはずです。多くの地域が東日本大震災で被災し、現在でも多くの方が苦しまれています。地域での医療経験は、医療人たる我々が備えるべき資質を向上させる貴重なもので、今だからこそ深く学べることも多いはずです。入局希望の先生・学生諸君には、このことを必ず熟考いただきたく思います。

新素材の冠動脈ステント、弁膜症や先天性心疾患のカテーテル治療といった最先端の循環器診療は、当講座の最重要課題として国内をリードしていく所存です。最新の治療デバイスが、国内最速で岩手医大で使えるように努力をして参ります。こういったワクワクする新技術の現場には、皆様のような若くてエネルギッシュな人材が必要です。

多くの研修医・学生諸君の参加を心よりお待ちしております。

教授 森野 禎浩