(東北の心血管死亡率改善のために)

心血管スクリーニング

糖尿病性網膜症 心血管スクリーニング外来

挨拶及び患者紹介のご依頼

平素、多くの患者様をご紹介いただき、誠にありがとうございます。岩手医大循環器医療センターのスタッフを代表し心より感謝申し上げます。

さて、岩手県の心疾患年齢調整死亡率は、国内ワースト5以下に甘んじて参りました。県内の患者様が少しでも長く健康で過ごしていただくために、「予防できる心血管イベント」を未然にスクリーニングする体制を敷いていくべきと考えております。まず、特にリスクの高い患者群のイベント予防から取り組みたいと考えております。

その代表として、糖尿病の罹患歴が長く、コントロール不良な患者様が考えられます。具体的に、糖尿病性網膜症を有する患者様に焦点を当てることと致しました。その理由として、網膜症を有する患者は、糖尿病があっても網膜症を有さない患者より、年間心血管死が3倍高いことが知られており、一般住民と比較すると相当なリスク差になるからです。

今回の構想に関して、盛岡地区の糖尿病専門医の先生、内科の先生、および眼科の先生とご相談を重ね、貴重なご助言を多くいただきました。それらを元に、岩手医大循環器医療センター2F外来に、1日1名の「糖尿病性網膜症 心血管スクリーニング外来」枠を設けることに致しました。事務へお電話いただければ、その場ですぐに日程を予約いただけます。

来院後の流れとしては、下記3回の受診をしていただきます。
1回目受診日:心臓・頸動脈・下肢動脈のルーチン検査
2回目受診日:各患者にあった虚血性心疾患のスクリーニング検査(外来なし)
3回目受信日:結果説明と方針決定
スムースにご紹介いただけるよう、当院の外来事務に特別枠を設け、チェックボックスを中心とした簡易な紹介状(糖眼研究会のフォーマットに準拠)を準備致しました。詳細は別紙を御供覧いただけますと幸いです。

スタート直後は様々な課題に直面し、先生方にご迷惑をおかけすることが出てくるとは思いますが、都度修正を重ね、より円滑に簡便に、そして正確に患者様の診断ができるよう努力して参る所存です。何卒、今回の我々の取り組みに皆様のご理解と、ご支援を賜れますと幸いです。

今後とも、岩手医大循環器医療センターをよろしくお願い申し上げます。

岩手医科大学内科学講座循環器内科分野
教 授 森野 禎浩   
担当医   長井 瑞祥

連絡先…循環器医療センター事務室
    電 話:019-651-5111(内線 7222)
    FAX :019-624-8372

眼科医療関係者のみなさまへ(2014.10.1)

平素、当科外来に患者様をご紹介いただき誠にありがとうございます。
当科外来を更に発展させるために、今後は眼科からの紹介をより積極的に受け入れたいと考えております。眼科医の先生方にお話を伺ったところ、紹介状の記入が煩雑であるとのご意見を頂戴致しました。そこで院内の受入体制を再度見直し、簡素な手続きでのご紹介が可能になりました。眼科からのご紹介の際にご記入いただく紹介状には、出来る限りの部分へのご記入をお願い致します。(不明な箇所は空欄のままで受け入れを致します。)
なお検査結果につきましては、紹介元の眼科医の先生、ならびに結果次第では直接内科かかりつけ医の先生にもご報告差し上げたいと考えております。該当する患者様がいらっしゃいましたら、ご紹介のほどよろしくお願い申し上げます。ご質問・ご意見等ございましたら、当科外来までご連絡いただければ幸いです。
今後とも、岩手医大循環器医療センターをよろしくお願い申し上げます。

予約方法等変更のお知らせ(2014.7.28)

この度、外来の予約方法の一部を変更することに致しました。
従来、直接当院事務への電話予約しか方法がございませんでしたが、心疾患マネージメントシステムと同様にFAXでの予約も受付可能となりました。
FAX予約の場合は、FAX受信後診察・検査日時を記載した予約表を折り返し返信致します。また、これまで電話予約の際には紹介状を電話予約後すぐに送っていただいておりましたが、電話予約後3日以内に送って頂く形と致しました。
これらの変更に伴い、紹介状の内容を一部修正しております。
今後もより紹介しやすく、より受診しやすくなるように、皆様のご意見を参考にさせていただきたく存じます。ご意見ございましたら、当科外来まで御連絡下さい。
今後とも、岩手医大循環器医療センターをよろしくお願い申し上げます。

ダウンロード

紹介状 ver.3.pdf
PDFファイル 85.3 KB
糖尿病網膜症心血管スクリーニング外来ご案内.pdf
PDFファイル 203.2 KB
予約表 開業医用.pdf
PDFファイル 65.1 KB
外来費用内訳.pdf
PDFファイル 59.2 KB

ABI検査の普及 「簡便なのに特異度の高い心血管スクリーニング法」

当講座は岩手県を中心としてABI検査の普及活動を行っております。ABI検査は簡便な割に極めて特異度の高い、心血管スクリーニング検査と考えられます。ABIが0.9以下の異常値を示す方の半数近くに、心臓・脳の動脈硬化性疾患が発見されると言われています。検査は5-10分で終わり、安全で苦痛を伴いません。このABI検査を地域の検診に取り入れていただけないか、我々が最も重視する地域の心血管スクリーニング検査です。

岩手県全土への出張検査(いわてABIキャラバン)の内容や、雑誌・新聞に掲載されたABI普及に関する記事はこちら