最新医療
冠動脈の 最新治療

冠動脈の最新治療

当院で主に用いている溶出性ステントは、長期的な安全性・有効性ともに非常に優れた成績を残しています。ステント血栓症などの不安材料も以前の薬物溶出性ステントに比べると著しく低くなりました。


カテーテルによる弁膜症治療

カテーテルによる弁膜症治療

2002年にフランスで誕生し、世界中で行われている治療です。2013年10月1日に本邦でも保険償還されましたので、厳しい施設基準とスタッフのトレーニングを経て当院でもTAVIを行います。


カテーテルによる心原性脳塞栓症予防

慢性心房細動に対する血栓塞栓源の発生予防

心房細動の患者さんの中にも、様々な事情で抗凝固療法を継続できない方や、抗凝固薬を内服しても血栓塞栓症を発症してしまう方がいます。日本で一日も早く使用できることを期待しています。


カテーテルによる先天性心疾患治療

カテーテルによる先天性心疾患治療

アンプラッツァー閉鎖栓によるカテーテル治療は、足の付け根からカテーテルを入れて欠損孔を閉鎖する、外科手術よりも体への負担が格段に少ない治療法です。当センターは、循環器内科・小児科ともアンプラッツァー閉鎖栓の治療資格を有する、国内でも非常に稀な施設です。


様々なカテーテル治療

様々なカテーテル治療

薬物治療抵抗性の閉塞性肥大型心筋症に対するカテーテル治療で、肥大し流出路を狭窄する心室中隔にエタノールを注入することで、焼灼壊死させる治療です。


肺高血圧治療

肺高血圧治療

肺動脈性肺高血圧とは、心臓から肺に血液を送る血管(肺動脈)の末梢の小動脈の内腔が狭くなって血液が通りにくくなり、肺動脈の血圧(肺動脈圧)が高くなる病気です。最近になっていくつかの新しい薬が相次いで開発され、治療効果が上がるようになってきました。