東北・北海道地区初のTAVI(TAVR)を行いました

昨年末に第1例目を行い、今月も既に1例経大腿動脈アプローチによるTAVI(TAVR)を行いました。留置された人工弁は正常に機能しはじめ、患者さんは術前の心不全症状から解放されています。今後経心尖アプローチも予定されております。
引き続き循環器医療センターの総力を結集して治療に当たって参ります。医療関係者のみならず、患者さんからのお問い合わせにも対応しておりますので、ご連絡ください。

カテーテルによる弁膜症治療について