論文掲載のお知らせ(2017年9月更新)

【筆頭著者】
多施設共同研究メカニズム試験のサブ解析で、OCTのよるマクロファージの集簇と危険因子との関連を検討した論文が掲載されました。
本研究は、thrombusと最近話題のirregular protrusionの発現を評価した研究です。

Taguchi Y, Itoh T, Oda H, Uchimura Y, Kaneko K, Sakamoto T, Goto I, Sakuma M, Ishida M, Terashita D, Otake H, Morino Y, Shinke T. :Coronary risk factors associated with OCT macrophage images and their response after CoCr everolimus-eluting stent implantation in patients with stable coronary artery disease. 
Atherosclerosis. 2017 Oct;265:117-123.

掲載サイト https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28881269