論文掲載のお知らせ(2019年4月更新)

【筆頭著者】

循環器医療センターCCUへ入室した急性冠症候群648例を対象として、心房細動合併群と非合併群で比較した臨床研究です。
さらに、新規発症心房細動と、既存心房細動に分類すると、新規発症の心房細動が予後不良で、慢性期の心不全入院を起こすリスクになることを明らかにしました。
また、急性冠症候群に合併した心房細動のCHADS2スコアを、本邦で初めて記載した論文です。

Mizuyoshi Nagai, Tomonori Itoh, Masaru Ishida Tetsuya Fusazaki, Takashi Komatsu, Motoyuki Nakamura, Yoshihiro Morino.:New-onset atrial fibrillation in patients with acute coronary syndrome may be associated with worse prognosis and future heart failure. Journal of Arrhythmia. 2019;35:182–189.

掲載サイト:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/joa3.12154