論文掲載のお知らせ(2019年11月更新)

【共同著者】

慢性冠動脈疾患へのエベロリムス溶出ステント留置後早期ならびに
中期の血管反応性をOCTで評価した前向き研究、メカニズム試験の本試験が掲載されました。
ステントの被覆状態などを前向きで検証したデータです。
抗血栓性と高い生体適合性のあるステントを裏付ける結果でした。

Shinke T, Itoh T, Ishida M, Otake H, Terashita D, Fusazaki T, Kikchi T, Okamura T, Morita T, Hayashi T, Sawada T, Yasaka Y, Inoue T, Matsuura A, Kawata M, Kozuki A, Shite J, Kataoka T, Hibi K, Ishihara S, Akasaka T, Kubo T, Ino Y, Sonoda S, Furuya J, Sugaya T, Shibata Y, Kuriyama N, Igarashi N, Matsumoto D, Hiranuma N, Otsuka Y, Morino Y.
Early and Mid-Term Vascular Responses to Optical Coherence Tomography-Guided Everolimus-Eluting Stent Implantation in Stable Coronary Artery Disease.
Can J Cardiol. 2019 Nov;35(11):1513-1522.

掲載サイト:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31679621